注文住宅でゼロから家造りをしていく~キラキラ理想の快適生活~

一軒家

工業地域と山間部が並ぶ市

案内

千葉県市原市は、千葉県内で最大の面積を有する市です。房総半島の東京湾側、中央から南の当たりに位置し、臨海側は工業地域で、山間部の面積も多くを占めます。市原市の工業地域は日本第二位を誇り、京浜工業地帯の重要な位置づけにいます。工業地帯の出荷額では県内で最大です。農村部も市原市内の多くの面積を占めていて、南側はゴルフ場が非常に多いことが特徴です。丘陵地域ではハイキング客でにぎわうというレジャーに強い面も持っています。山間部は住宅地が広がっていて、工場で働く人たちの住まいとして発展しています。大きな住宅地は工業地域とは離れているため、不動産を探すときは、なるべく発展している住宅地から探すのがいい方法です。

房総半島はどこも暖かいというイメージもありますが、実際は地域によってかなりの差があります。南の方なら暖かいというのではない点が注意すべきことです。房総半島自体が丘陵地域や山間部も多く、冬の冷え込みは地形に大きく左右されます。地域によっては雪が積もることも珍しくありません。市原市は房総半島の中でも比較的温暖な気候のため関東のでも暖かい方です。夏の暑さもかなりのもので、関東第二位の高温記録も持っています。市原市で不動産を探すときの注意は、やはり工場地帯であるために騒音や空気汚染、車の排気ガスの心配が無視できないことです。不動産屋や不動産サイトの情報だけではこの点は分からないことが多いため、現地をよく確認することです。